読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

エックスメン・チルドレン・オブ・ジアトム  エックスメンの格ゲー? 満点!!

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 長編

10人の超能力者たちが大暴れする 奇跡の格ゲー

 

f:id:retogenofu:20161214044500j:plain

[豪鬼を出そうとして シルバーサムライばかり使ってしまう そんな思い出]

[エックスメン・チルドレン・オブ・ジアトム  カプコン  セガサターン]

1995年発売  ジャンル 格闘ゲーム  参考価格1000円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  30分から300分

このゲームに対する世間の評価  こんなにも面白い格ゲーは 奇跡としか言えない

どんな人におすすめ  エックスの世界が好きなら 絶対に遊ばなくてはならない

 

セガサターンというゲーム機で、絶対に遊んでほしいジャンル

 

それは、格闘ゲームです。

 

シューティングと格闘ゲーム

 

この2つのゲームジャンルは

どのゲーム機にも負けないくらいの名作揃いでした。

 

今さらセガサターンを買うの?なんて思うでしょうが。

 

まだ見ぬ名作シューティング

まだ見ぬ名作格闘ゲームを楽しむためには

買うのもありでしょうね。

 

 

そんな今回の エックスメンの世界で格闘ゲームを楽しめる それだけで100点

エックスメン・チルドレン・オブ・ジアトムの感想です。

 

 

 

エックスメン・チルドレン・オブ・ジアトムとはどんなレトロゲーム?

 

このエックスメン・チルドレン・オブ・ジアトムですが

1995年にカプコンから発売された

セガサターン専用の格闘ゲーム作品でした。

 

元はアーケードのゲームでしたが

そんな作品が家庭用ゲーム機で遊べるようになったのが

今作のセガサターン版でしたね。

 

プレイステーションや他の機種には移植されず

セガサターンでのみ遊べる作品なので

このゲームの為に、「今でもセガサターンが現役」という人も多いかと思います。

 

そんなゲームの目的は

人間の能力を超越した10人の超能力者の中から一人を選び

悪の軍団の親玉である「マグニート」を倒すのが目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな2Dの格闘ゲーム作品で。

似たタイプのゲームで言いますと

「ストリートファイター」や「ヴァンパイア」などの

人間の能力を超えた、ド派手なアクションを楽しむゲームでした。

 

バーチャファイター

鉄拳などが

リアル路線で突っ走って居た時に

 

そちらが、リアル路線なら

「こちらは、ド派手なアニメーションでおおげさに戦ってやる」と開き直っていた

豪快な作品でしたね。

 

 

アメコミで大人気の

「エックスメン」という作品を

格闘ゲームというジャンルに当てはめる。

 

その結果、本家のスタッフすらも感動したという

なかなかの伝説を持っている格闘ゲームでした。

 

目からビームを出す

サイクロプス

 

手に金属のかぎ爪を持ち、高速で相手を切り裂く

ウルヴァリン

 

相手を氷漬けにする

アイスマン

 

愛用の日本刀に闘気をまとわせて、白銀の鎧に身を包む

シルバーサムライ

 

などなど10人の超能力者から1人を選びまして

各地を転々としながら、マグニートを目指して行く。

 

こんなゲームでしたね。

 

 

このゲームならではの特徴としましては

「キャラクターの顔パネル」が表示されていまして。

 

このパネルを見る事で

「いつ気絶するのか?」に気づくことができるという

中々のシステムでした。

 

青から黄色に

黄色から赤に

赤から気絶に

 

こんな感じで、自分がどのくらい危険なのかを教えてくれるのは

他のゲームにはないシステムだったと思います。

 

ガードキャンセルという

「防御から攻撃に転じる」今ではお馴染のシステムも

このゲームで学びましたね。

 

 

10人の個性的な超能力者が

最強の「磁界王マグニート」に挑んで行く

そんな素晴らしすぎる格闘ゲームなのでした。

 

 

 

エックスメン・チルドレン・オブ・ジアトムの感想でもあり レビューでもあり

 

[自分は10ヒット 上手い人は40ヒット  そんな憧れ]

 

このゲームの何が楽しいのか

「コンボのヒット数が異常」というところでしょうか。

 

今までの格闘ゲームで言いますと

良くても

8ヒットとか

10ヒットとかだったと思います。

 

そんな格闘ゲームの世界に

40ヒットとか

50ヒットとか

あり得ない数値を叩きだすのが

このゲームの魅力でした。

 

「エリアルレイブ」というシステムで

「相手が受け身を取らない限り、幾らでも殴って良い」という

格闘ゲームの常識を破壊した作品でもありました。

 

上空に敵を打ち上げれば

その分だけ、攻撃を加える時間が増えます。

 

これを利用して

延々と殴りまくる訳ですね。

 

ウルヴァリンなんて

攻撃スピードが速すぎますので

それはもう、気持ちいいくらいコンボが繋がって行きました。

 

コンボにコンボを繋いで行き

ゲージが溜まったころに超必殺である「ハイパーX」を叩き込む

こんな爽快感が凄すぎました。

 

ゲームセンターには

格闘ゲームの天才が数多くいましたので

そんな人たちのプレイを見ては

「あんなに、綺麗に繋げるんだな」なんて感動していました。

 

自分はせいぜい10ヒットくらいなのに

目の前では40ヒットとかですからね

まさに別次元の戦いでした。

 

 

このゲームの良い所は

「コンボを繋げても、それほどダメージは変わらない」という所でした。

 

40ヒットも繋いでいるのだから

さぞかしライフが減るのかと思いきや。

 

コンボが増えるほど、修正が掛かって行き

ほとんどダメージを与えることができません。

 

これが良かったですね。

 

コンボを繋げない人も楽しめる

コンボを繋げる人は、その分ストレス解消できる

こんな素晴らしさがありました。

 

 

ゲームセンターで仕入れた情報を

家で必死に練習する

 

そんな当時の記憶が、今の時代に蘇って来たのでした。

 

めちゃくちゃ上手かった

スパイラル使いのお姉さん

 

ああ懐かしい…。

 

 

 

[マグニートの異常な強さ  もはや伝説です]

 

このゲームが

どうしてめちゃくちゃ売れたのか?

 

ラスボスが異常な強さだからです。

 

ゲームセンターでは一回100円です。

 

100円払ってゲームを楽しみます。

 

しかし、ラスボスであるマグニートが異常な強さでして

ほぼエンディングを見る事は出来ませんでした。

 

マグニートまでは行けるんです。

 

ジャガーノートという

巨大な中ボスも強いのですが。

 

絶望する強さでは有りませんでした。

 

しかし、マグニートは異常です。

 

空を飛ぶは

無敵になるは

勝手に超必殺技のゲージが溜まるは

まあ酷かったです。

 

ただ、一方的にこちらをボコボコにする

そんな恐怖の強さでした。

 

 

そんなマグニートを

倒せるまでコンティニューしていいのが

家庭用ゲーム機の良い所だった訳です。

 

ゲームセンターならば

一回100円です。

 

100円でコンティニューしても

1分ちょっとでゲームオーバーにされてしまいます。

 

家庭用ゲーム機ならば、タダです。

 

何度挑んでも良い訳です。

 

それこそ、20回はコンティニューすると思います。

「どうやってクリアするんだよ!!」という恐怖です。

 

そんな繰り返しで

「どうやったらマグニートを倒せるのか?」を学んでいくのが

このゲームの楽しい所でした。

 

私が考えついた方法としましては

「倒そうなんて思わずに、時間切れを狙う」という

卑怯すぎる戦法なのですが。

 

これでしか倒せない程の、圧倒的な強さでしたからね。

 

格闘ゲーム屈指の

ラスボスだったのではないでしょうか。

 

 

そんなラスボスを倒すことで

今まで見ることができなかった、念願のエンディングを見られるのですから

必死にマグニートを倒すのでした。

 

このゲームは

エンディングが面白いゲームとしても有名で

全部のキャラクターのエンディングを見たくなってしまいますからね。

 

必死にマグニートを倒す為に頑張るのでした。

 

ストリートファイター2の時も

ラスボスの「ベガ」に何十連敗もしましたが。

 

それくらいの圧倒的な強さが

マグニートにはありましたね。

 

どうやったら勝てるのかを必死に考える

これこそが、本当のラスボスなのかも知れませんね。

 

 

 

エックスメン・チルドレン・オブ・ジアトムのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

このゲームの後に

「エックスメンVSストリートファイター」が発売されて

「マーヴルVSカプコン」が発売されて

なんて感じで、VSシリーズの歴史が始まって行くのですが。

 

そんな、記念すべき原点を体験して欲しいなと思います。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

ただただ、格闘ゲームとして完璧でしたね。

 

粗削りな部分もあると思いますが

今の時代に遊んでも、やっぱり最高でした。

 

マジで遊んでほしい。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームはセガサターンでしか遊べません。

 

なので、遊ぶにはハードルが高いとは思いますが

それでも遊んでほしいなと思います。

 

このゲームの嬉しい所は

「4メガカートリッジ」という付属品が要らない所でした。

 

「4メガカートリッジ」というカセットを

セガサターンに差すことで

「大容量のゲームでも、プレイ出来るようになる」という

付属品なのですが。

 

そんな付属品が無くても

ゲームソフトだけで遊べるのは良かったです。

 

なにせ、「パワーメモリー」という

メモリーカードが既に差さっていまして。

 

このパワーメモリーを抜いたら最後

「全てのデータが消え去る」というリスクがありました。

 

そんな、リスクを取りたくないために

4メガカートリッジ専用の

「格闘ゲームに特化したセガサターン」を

もう1台用意する人もいるくらいですから。

 

ゲームソフトだけで遊べるのは、良かったです。

 

そんな理由もあって

かなり売れたソフトになったのかも知れませんね。

 

当時ゲームセンターに通っていた人も多いかと思いますので

この機会に、もう一度遊んでみてはいかがでしょうか。

 

20年以上前のゲームなのに

今の時代に遊んでも最高に楽しい

 

そんな当時の思い出が鮮明に残っている

奇跡の格闘ゲームなのでした。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

エックスメンの世界で格闘ゲームができる  それだけで100点だよね

それこそが、今急いで1000円で買う理由です

 

こちらから購入できます