読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

仮面ライダー剣  格ゲーでありながら 脳トレまで出来るなんて 素晴らしい

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 仮面ライダー

仮面ライダー剣の世界で格闘ゲームを楽しもう

 

f:id:retogenofu:20161224165921j:plain

[格闘ゲームでもありながら  脳みそを活性化させるゲームでもある]

[仮面ライダー剣  バンダイ  プレイステーション2]

2004年発売  ジャンル  格闘ゲーム  参考価格380円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  脳みそがジンジンするゲーム

どんな人におすすめ  仮面ライダー剣が好きなら最高です

 

 

レトロゲームを遊んでいて思います

「よく、こんな謎を子供が解けたな?」と。

 

しかし、子供だったからこそ

逆にスムーズに解けたのかもしれません。

 

子供は頭が柔らかいので

どんな謎にも柔軟に対応できます。

 

その結果が、いじわるな謎もなんのその

なのかも知れませんね。

 

 

そんな今回の おまけのモードが 中々のいじわる

仮面ライダー剣の感想です。

 

 

 

仮面ライダー剣とはどんなレトロゲーム?

 

この仮面ライダー剣(ブレイド)ですが

2004年にバンダイから発売された

プレイステーション2専用の格闘ゲーム作品で。

 

平成ライダー5弾目の作品で

仮面ライダー555の次の作品でした。

 

そんなゲームの目的は

主人公の「仮面ライダー剣」

先輩の「仮面ライダーギャレン」

ライバルの「仮面ライダーカリス」となりまして

悪の存在である「アンデット」と戦っていくのが目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな格闘ゲームで

必殺技などのコマンドが要らず

ボタンの組み合わせで戦っていく

3Dタイプの格闘ゲームになっていました。

 

ライダーたちには

トランプカードが与えられていまして。

 

そのトランプを変える事で

必殺技が変わって行くなど、独自のシステムも面白かったです。

 

 

メインのモードで言いますと

「ふういんモード」というモードがありまして。

 

様々なアンデットをトランプに封印して行きます。

 

そして、封印する度にどんどん必殺技が増えていく

なかなかの面白いシステムになっていました。

 

最初は2個くらいしか必殺技が無かった

しょぼしょぼのライダーだったのに。

 

アンデットを封印する事で

どんどんたくましくなって行きます。

 

これが面白かったですね。

 

今までの「敵を倒して進んで行く」というシンプルなゲームに

 

敵を倒すことでパワーアップするという

RPGの要素も加わっている。

 

そんな新感覚の格闘ゲームになっていました。

 

 

バランスタイプの仮面ライダー剣

 

遠距離タイプの仮面ライダーギャレン

 

スピードタイプの仮面ライダーカリス

 

パワータイプの仮面ライダーレンゲル

 

こんなライダーたちを操りながら

アンデットとの戦いを繰り広げる

 

仮面ライダー剣のファンにはたまらない

スピード感溢れる格闘ゲーム作品なのでした。

 

 

 

仮面ライダー剣の感想でもあり レビューでもあり

 

[スピード感溢れる格闘ゲーム  だって10秒で終わる]

 

このゲームですが

基本的には○ボタンしか使いません。

 

○ボタンが基本攻撃で

×ボタンが必殺技という感じなのですが

 

ほぼ○ボタンで戦います。

 

というか○ボタンを連打していれば

勝手に相手は倒れてくれます。

 

その速さ、まさかの10秒です。

 

格闘ゲームなのに10秒で終わりですからね

疾走感が半端ないです。

 

 

これだけならば

大味なゲームだと思われてしまいます。

 

「こんなの格闘ゲームじゃない!!」です。

 

そんなゲームにプラスされていたのが

仮面ライダーお馴染の

ド派手な必殺技の数々でした。

 

 

敵のライフが減ることで

仮面ライダー剣の歌が流れてきまして

必殺技を繰り出すチャンスが訪れます。

 

ここで×ボタンを押すことで

ムービーシーンが流れまして

ド派手な必殺技を見る事ができます。

 

あの綺麗なムービーシーンを見る事で

10秒で終わる格闘ゲームが

60秒で終わる普通の格闘ゲームになりますので

 

その部分で帳尻を合わせていたのかもしれませんね。

 

 

格闘ゲームとしては大味だけど

必殺技のシーンは細部にこだわっている

 

そんなところが、仮面ライダーの魅力なんだろうな。

 

 

 

[格闘ゲームなのに脳トレを楽しめる 不思議なおまけモード]

 

このゲームのやりこみ要素としましては

毎度おなじみの仮面ライダーカードを集める事でした。

 

前作の仮面ライダー555では

「ガチのスロットを楽しむ」という

なんとも危ないシステムでしたが。

 

今作では

脳みそが活性化するゲームになっていました。

 

ストーリーモードをクリアする事で

ポイントを貰えます。

 

このポイントを使用して

「ズームでビンゴ」というミニゲームを楽しみます。

 

 

このズームでビンゴのルールですが

「この絵柄がどのキャラクターなのか?」というのを当てます。

 

画面が真っ赤になっているとします。

 

その画面が、徐々に引いて行きまして

どんなキャラクターなのか?を30秒以内に当てていくんです。

 

最初は真っ赤な画面だったのが

 

どんどん青色が見えてきて

 

尖った先端が見えてきて

 

仮面ライダー剣だと分かる

 

こんな展開でした。

 

 

選択肢には

沢山の赤を含んだキャラクターが並んでいまして

 

「え?ギャレン?」

「え?カリス?」

「え?ブレイドなの!!」みたいな感じで。

 

そのキャラクターの特徴を

瞬時に判断する能力と

正確なキャラクターの名前を当てなければならず。

 

脳みそが最高に活性化してきます。

 

 

「仮面ライダーカリス」かと思ったら

「バイクに乗った仮面ライダーカリス」など

引っ掛け問題もありまして。

 

まあ楽しかったです。

 

「あ!これは主人公の剣崎だな」と思って選ぶと

「マスクが壊れて、剣崎の顔がむき出しになったブレイド」とかなりますので

それはもう大興奮でした。

 

耳がアップになった瞬間に

「これは江川卓さんの、親戚の女の子だ」なんて答えられたりしますので

遊べば遊ぶほど、ブレイドの智識が蓄積されていくのは良かったです。

 

 

紫っぽい色だから

紫のアンデットを選ぶのではなく

 

裏の裏を読んで

違う選択肢を選んでいく。

 

こんな脳トレが最高に楽しかったです。

 

 

難点としましては

遊ぶのにポイントが必要ですので。

 

ポイントを稼ぎに

バトルモードに行かなければならないところでしょうかね。

 

早くズームでビンゴが遊びたい

 

なので、格闘ゲームをやりに行く

 

こんな本末転倒具合も最高でしたね。

 

 

このモードだけで

全ての仮面ライダーカードを集める事が出来ませんので

結局は格闘ゲームを楽しむのですが。

 

それでも、この脳トレには相当ハマりましたね。

 

このモードだけを延々1時間遊ぶ

そんな幸せな時間なのでした。

 

 

 

仮面ライダー剣のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

仮面ライダー剣の世界で格闘ゲームを楽しめる

 

しかも、脳トレまで楽しめる

 

最高過ぎでしょ

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

○ボタンを連打して戦うゲームなのですが

 

そこに×ボタンを組み合わせる事で

中々のコンボを繋げることができますので。

 

極めると最高の格闘ゲームになります。

 

ここで空中に挙げて

ここから連続パンチを叩き込んで

 

こんな感じで

自分だけのオリジナルコンボを完成させていく

 

そんなところが

このゲームの魅力なのかもしれませんね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームは

子供の為に発売されたので、

とても簡単な格闘ゲームにしたと思います。

 

それなのに、ズームでビンゴは

引っ掛け問題の連続。

 

こんなギャップをお楽しみください。

 

頭が柔らかい

子供だったからこそ

引っ掛け問題にも対応できたのかもな…。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

格闘ゲームでもあり 脳トレのゲームにもなる

それこそが、今急いで380円で買う理由です

 

こちらから購入できます