読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

前半は優しいゲームだな 後半は鬼の様なゲームだな スーパーバレー2

スーパーバレーと言うだけありまして かなりド派手

 

[前半は優しいゲームだな 後半は鬼の様なゲームだな]

[スーパーバレー2  ビデオシステム  スーパーファミコン]

1992年発売  ジャンル スポーツゲーム  参考価格200円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  バレーボールゲームは中毒性が抜群

どんな人におすすめ?  全てのバレーボール経験者に贈る 名作スポーツゲーム

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

バレーボールというのは

私にとっては、「痛いスポーツ」というイメージしかありませんでした。

 

体育の時間に

ソフトボールか

バレーボールかを選ぶのですが

楽しそうだなという理由で、バレーボールを選んで大失敗でした。

 

レシーブする時の

あの、「指がちぎれるのでは」というほどの痛みを今でも覚えています。

 

レシーブでこれですから

ブロックならば指が無くなるでしょうね。

 

 

そんな今回の、名作バレーボールゲームを貴方に

スーパーバレー2の感想です。

 

 

 

スーパーバレー2とはどんなレトロゲーム?

 

このスーパーバレー2ですが

1992年にビデオシステムから発売された

スーパーファミコン専用のバレーボールゲームでした。

 

スーパーバレー2というタイトルですが

「スーパーバレー」はアーケードゲームだったそうで

 

家庭用ゲーム機で遊べるようになったのは

今回のスーパーバレー2からという訳ですね。

 

ゲームの目的は

男子バレー

女子バレー

ハイパーバレーから好きなモードを選んで

全ての国を倒していくのが目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなバレーボールのシステムで

 

サーブを打たれて

 

ボールの落下地点を予測して

 

レシーブをして

 

トスを上げて

 

スパイクを打つ

 

こんなシンプルなシステムでした。

 

トスの上げ方も

高めに上げるのか

低めに上げるのか

普通に上げるのかを選べますし。

 

スパイクを打つ時も

フェイントを入れて、相手をかく乱させたり出来ましたので。

 

シンプルなゲームでありながら

戦略性も充分にありましたね。

 

ボタンの操作も簡単で

 

落下点に行けば、勝手にレシーブしてくれましたし

 

トスも勝手に上げてくれますし

 

スパイクも、ベストなタイミングでジャンプしてくれますので

 

ゲームの初心者でも、楽しめたのは良かったと思います。

 

普通のバレーを楽しむモードと

 

強化アーマーを着込んで、必殺シュートを連発する

ド派手なバレーを遊べるモードも有りましたので。

 

「バレーボールのゲームってどうなの?」と思っている方にこそ遊んでほしい

名作ゲームなのでした。

 

 

 

スーパーバレー2の感想でもあり レビューでもあり

 

[自分だけの オリジナルチームを作って遊ぼう]

 

このゲームですが

自分自身だけの、オリジナルチームを作成して遊ぶ事が出来ました。

 

選手に好きな名前を付けて

 

そのバレーボール選手が、どのような能力なのかを決めまして

 

その選手が、どのような必殺シュートを打てるのかを設定していきます。

 

「この選手は、スパイクの能力を高めに設定しよう」とか

 

「必殺シュートは、分裂シュートにしよう」とか

 

自分好みのチームを作って、遊ぶことが出来ました。

 

 

決められたポイントの範囲内で

割り振って能力値を決定するのですが

全ての能力をマックスに出来てしまうなど、不思議な点もありましたが

このおまけのモードは、本当にありがたかったですね。

 

 

 

[最初は簡単なゲームだと思っていました…]

 

このゲームですが

自分や相手の、スパイクの落下地点が見えてくれますので

殆どミスをすることなく、試合を戦う事が出来ました。

 

どんなに強烈なスパイクだろうが

落下地点に立ってさえいれば、勝手にレシーブしてくれますから。

 

「ずいぶんと簡単なゲームだな…」こんな印象でした。

 

 

しかし、どんどん試合に勝ち進んでいくと

この難易度がガラリと変わって行きます。

 

だいたい、6試合目か7試合目ぐらいから

今まであった、落下点が消えてしまいます。

 

今までは

「そんなスパイク打っても意味ないよ、落下地点が見えてるから!!」

こんな感じでしたが。

 

いきなり、どこに落下するのかを分からなくされますので

途端にパニックになります。

 

「あれ?どこにボールが落ちてくるの?」

 

「お願いだから、速いスパイク打たないで…」こんな

急激な変化にビックリしましたね。

 

このゲームは、少しでも予測を間違うと

ボールがとんでもない方向に飛んで行ってしまいますので

とにかく大変なゲームでしたから。

 

今までは、完全に優しいゲームだったのに

急に、鬼の様な難しさが襲ってきますので、注意が必要でした。

 

ただ、どちらの方が面白いのかと言いますと

完全に、「落下地点が見えない方」がドキドキ出来ましたので

 

「最初からこのモードでも、充分に楽しめたのにな」とも思いましたね…。

 

 

オプションモードでは

ポイントのハンデをつける事も出来ましたので

 

ゲームに慣れるまでは、ハンデを付けて戦い

 

ゲームに慣れてからはハンデを無くして

 

もっとゲームに慣れれば、相手に大量のハンデを付けて、

 

こんな感じで楽しめましたので

何時間で遊ぶ事が出来たのは、最高でした。

 

 

 

スーパーバレー2のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

バレーボールゲームでありながら

めちゃくちゃド派手

だってスーパーバレーだから。

 

なにがそんなに面白いのか?

 

このゲームですが

説明書が無くても遊べる様になっていました。

 

昔のゲームとしては珍しく

ルールや遊び方の解説をしてくれる

親切なモードが搭載されていましたので

 

初めてプレイする時でも、分かりやすいのは最高でした。

 

こんなちょっとした優しさが、

今でも大好きな理由なのかも知れません。

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

手に汗握るゲームを体験したいですよね

 

だったら今すぐ買うしかないよね

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

最初は優しいゲーム 後半は鬼の様な難易度

スーパーバレー2

 

それこそが、今急いで200円で買う理由です

 

こちらから購入できます