レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

フロンティアゲート  もしも モンスターハンターのシステムで コマンド選択式のRPGを遊んだら

こんなゲームを待ち望んでいた

 

f:id:retogenofu:20161212212101j:plain

[もしも モンスターハンターのシステムで コマンド選択式のRPGを遊んだら]

[フロンティアゲート  コナミ  プレイステーションポータブル]

2011年発売  ジャンル  RPG  参考価格 370円

 

記事のネタバレ度  かなり高め

攻略に必要なプレイ時間  36時間

このゲームに対する世間の評価 こんなにも面白いゲームを 今まで知らなかった

どんな人におすすめ モンハンが好きで RPGが好きなら 奇跡のゲームになるかも

 

 

自分が知らないゲームでも

とんでもなく面白いゲームってあるんですね。

 

何気なくパッケージを見て

 

それ程高くないから、そのまま購入して

 

期待しないで遊んで

 

めちゃくちゃ面白いゲームだった

 

そんな幸せです。

 

 

そんな今回の 今年遊んだゲームの中で トップテンに入る名作ゲーム

フロンティアゲートの5000文字の感想です。

 

 

 

フロンティアゲートとはどんなゲーム?

 

このフロンティアゲートですが

2011年にコナミから発売された

プレイステーションポータブル専用のRPG作品でした。

 

コナミからの発売でしたが

開発元は「トライエース」という

スターオーシャン

ヴァルキリープロファイルなどの名作ゲームを開発した

優秀過ぎるゲームメーカーでしたので

安心して遊ぶことができた作品でした。

 

 

そんなゲームの目的は

新人の開拓者となりまして

未開の地であるフロンティアを舞台に

この世界がどこまで広いのかというのを冒険していく

壮大すぎる目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなRPGで

斬り、突き上げ、クイックアウト、回転斬り

こんなコマンドを、自分の好きなタイミングで発動して行き

いかにコンボを繋げて敵を倒していくのか?という

「ゼノギアス」とか「ラストランカー」の様な戦闘システムでした。

 

二人一組でパーティーを組み

様々なクエストをクリアして行きます。

 

老人が居なくなったから探してくださいとか

カエルの卵を3個取ってきてくださいとか

イエティを倒してきてくださいとか

未開のエリアを探してきてくださいとか

 

まんまモンスターハンターの様なゲームでした。

 

モンスターを倒せば

そのモンスターの素材をゲットでき

 

フィールドには採集ポイントが光り輝き

 

集めた素材で新たな装備品を作り出し

 

圧倒的な巨大なモンスターに戦いを挑み

 

クエストをクリアすると新たなエリアが開かれていく

 

こんな幸せな世界が

このフロンティアゲートには溢れていました。

 

 

ここで思う訳です

「モンスターハンターと何が違うの?」と。

 

モンスターハンターという作品は

ハンティングアクションと呼ばれる作品です。

 

つまりアクションゲームです。

 

自分のテクニックさえあれば

どんなに弱い装備品だろうが、バンバン進める

 

アクションテクニックが無い人は

コツコツ装備品を作成して

徐々に進んで行く

 

こんな二つの道が用意されていたかと思います。

 

 

そんな、アクションテクニックが無い人にこそ遊んでほしいのが

今作のフロンティアゲートだった訳です。

 

アクションテクニックなんて要りません

 

だってRPGですから。

 

RPGですので

経験値を貯めればレベルアップもしますし

 

武器を使用することで

熟練度が貯まって行き、武器レベルまで上がっていきます。

 

武器レベルを上げることで

強力な必殺技が解禁されていき

どんどんモンスターを倒しやすくなって行きます。

 

さっきまでは、かすりキズ1つ与えられなかったのに

レベルを上げて

武器レベルを上げて

装備を強化して

ようやくダメージを与えられるようになって行く

こんなコツコツ感がありましたね。

 

クエストをクリアして

未開拓の地をドンドン踏破していく。

 

新たなエリアには

まだ見ぬモンスター

まだ見ぬレア素材が山ほどある

 

そんな素材を集めて

1つ上の装備品を作成していく

 

そんな装備品を全身にまとい

さっきまでは、相手にもされなかった巨大モンスターに挑んで行く

 

果たして、この世界はどこまで続いているのだろうか?

 

こんな繰り返しで

数百もあるクエストをクリアして行く

 

 

モンスターハンターの楽しさを味わいつつも

王道のファンタジーRPGも楽しめる

 

そんな奇跡のRPGなのでした。

 

 

 

フロンティアゲートの感想でもあり レビューでもあり

 

[主人公と15人のパートナーが織りなす 15の物語]

 

このゲームですが

二人でパーティーを組まないと

クエストに挑む事は出来ませんでした。

 

モンスターハンターでは

ソロプレイヤーの為に、アイルーというネコの相棒が居ましたが。

 

このフロンティアゲートでは

アイルーの代わりに

沢山の開拓者が用意されていました。

 

その数なんと15人

 

伝説の武器を求める青年

 

英雄に憧れる青年

 

違法なクエストばかり持ってくる 怪しげなお姉様

 

どことなく高貴な匂いのする女の子

 

こんな感じで

そのキャラクターごとに

「叶えたい夢」や「抱えた闇」を持っていまして

 

そんな相棒と一緒に

沢山の冒険をすることで

色々な物語が展開していく。

 

こんなドキドキワクワクのシステムでした。

 

 

絆を深めていく事で

戦闘で行動できる回数が増えていくなど

いかに仲良くしていくのか?というのが大事な作品でしたね。

 

 

相棒の武器を、好き勝手に変えることができまして

好きな相棒だけでも

最後までクリア出来るようになっていたのは良かったと思います。

 

キャラクターごとに

「得意武器が決まっている」というシステムならば

どうしても、途中で脱落してくるキャラクターが出てきますからね。

 

この部分は良かったのではないでしょうか。

 

相棒ごとに声優さんが違いますので

「釘宮理恵さんだけを連れまわしたい!!」なんて人にも優しいシステムなのでした。

 

 

15人の相棒が居て

15人それぞれの物語が展開する

 

こんな贅沢なゲームをお楽しみください。

 

 

 

[ラスボスと80分戦う そして1つのミスで簡単に負ける]

 

このゲームを「好きか?嫌いか?」で言えば

完全に大好きなゲームです。

 

ただ、「腹が立たなかったのか?」で言えば

「マジでPSPをぶん投げたくなった」と答えます。

 

 

それは何故なのか?

 

 

このゲームのボスが強すぎるからでした。

 

 

未だかつてあったでしょうか

ボス戦に4・50分掛かるRPGが。

 

モンスターハンターには

40分とかの時間制限が用意されています。

 

この40分の間に

 

エリアを探索し

 

採取ポイントを巡り

 

モンスターを発見し

 

モンスターを倒す

 

こんな制限がありました。

 

 

しかし、今作のフロンティアゲートでは

時間制限なんてものはありません。

 

つまり、どれだけフィールドに居ようが

退場させられることはない訳です。

 

この一見すると優しいシステムこそが

とてつもなく凶悪なボスを生み出すわけですね。

 

 

遊んでいて思う訳です。

 

「ボスが出てくるという事は?そろそろ新エリアかな?」と。

 

新エリアには

新しい素材がありますので

次のランクの武器や防具を作成できる様になります。

 

つまり、下手にレベル上げをするよりも

大幅な戦力アップに繋がっていきます。

 

そんな考えがありますので

「ダメ元で、ボスに行ってみよう!!」となる訳ですね。

 

 

その結果が4・50分かかるという

ハラハラドキドキのボス戦になりましたね。

 

これが、圧倒的な戦力差が有るのなら

諦めも付きます。

 

「こんなのどうやっても勝てないじゃん…レベル上げよう」となります。

 

しかし、絶妙な強さでしたので

「もしかしたら勝てるのかも?」と思ってしまう訳です。

 

これが罠でしたね。

 

 

初めてのモンスターは

最大ライフが見えないシステムでしたので

今どのくらい弱っているのか分かりません。

 

モンスターハンターならば

足を引きずって移動したり

水飲み場に回復したりしに行くので、瞬時に判断できるのですが。

 

RPGですからね。

 

表情を一切変えませんからね。

 

緊張感を持って戦うしかありませんでした。

 

 

そんなゲームのラスボスですよ。

 

簡単に倒せるわけがありませんよね。

 

40分戦って死亡

 

60分戦って死亡

 

80分戦って死亡

 

こんな絶望が待っていました。

 

特に80分戦った時なんて

完全に勝利を確信していました。

 

「流石にこれはいけたね」という手ごたえでした。

 

そんな時に

「回復アイテムを使い忘れる」という単純なミスで

80分が消え去りました。

 

しかも

回復アイテムを使い忘れる

クリティカルのダメージを食らう

「この二つの要素さえ重ならければ、まず死なない」という

安全な状態をキープしていたのに。

 

そのベストなタイミングが重なってしまう。

 

こんな悲劇が80分めに起こったのでした…。

 

 

この時は本当にショックでした。

 

二日くらい、一切PSPを起動しませんでしたからね。

 

ここで思いました

「レベル上げしよう」と。

 

今までは

強化できる装備品は強化して

強化できない装備品はそのままという感じでした。

 

そんな考えを改めまして

色々なクエストをこなして素材を集めて

今現在で作れる最強の装備品を作りましたし。

 

アイテム切れを防ぐ為に

全てのアイテムをマックスの状態にしましたし。

 

39レベルだったのを43レベルまで

上げまくりましたし。

 

出来る限りの事を全てやりました。

 

 

負けたのが29時間

万全の状態にしたのが、6時間後の35時間

その間、一切ラスボスに挑みませんでした。

 

もう一回80分かかるのであれば

その時間をレベル上げに使いましょうという事です。

 

 

そして、いざ決戦の時です。

 

最初の頃が300ダメージだったら

ほぼ倍の600ダメージを与えられます。

 

最初の頃は700ダメージ喰らっていたのが

今は400ダメージまで軽減できます。

 

最初の頃は2000ほどのライフでしたが

今では2700のライフです。

 

まず間違いなく負けません。

 

「ちょっと、レベル上げ過ぎたかもな」なんて思いながら戦いました。

 

どんなにダメージを食らっても

1500程度ですので。

2000ほどをキープしながら戦いました。

 

 

そしてようやくラスボスを倒しました。

 

前回は80分戦って

たった一つのミスで全てを消されました。

 

今回はほぼ完ぺきに戦い

死にそうになったのは数回しかありませんでした。

(味方を行動不能にされるので、それが数少ないピンチでした)

 

 

では?どのくらいの時間でラスボスを倒すことが出来たのか?

 

 

60分です。

 

 

こんなに完璧な状態にしても

 

約1時間かかったわけです。

 

つまり、80分戦っていた時ですら

半分程度しか減らせてなかった訳ですね。

 

これにはゾッとしました。

 

160分かかってラスボスを倒すゲームですからね

あの時にミスをして本当に良かったです。

 

ただ、完璧にこなしていれば

39レベルでも倒せたとも言えますので

その点でも凄いゲームだなと思いましたね。

 

 

80分の苦労が、たった1つのミスで消し去る

 

そんな悲劇を繰り返さないために

300分のレベル上げをする

 

そんな完璧な状態でも、60分掛かってしまう

 

これこそが、フロンティアゲートというゲームの

最大の魅力でもあり

最高に腹が立った部分でもありました。

 

 

ラスボス戦が長すぎて

途中でお風呂に入りに行く

 

そんなゲームをお楽しみください。

 

 

 

フロンティアゲートのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

アクションゲームが苦手だから

モンスターハンターは遊んでません。

 

こんな人も多いです。

 

そんな人の為に

このフロンティアゲートは発売されたのでしょうね。

 

絶対に満足できることをお約束します。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

自分の目の前に、巨大すぎる壁が立ちふさがっている

 

そんな壁を、粉々に破壊した時のあの快感

 

苦しんだ分だけ、とてつもない快感が舞い降りる

 

そんな天国をお楽しみください

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが

今の今まで存在を知りませんでした。

 

買った時も、モンハン系のゲームだとしらず

「普通のRPGなのかな?」くらいの印象だったのに。

 

ガリっと噛んだ瞬間に

「こんなゲームを待ち望んでいたのかも知れない」と虜になりましたね。

 

昔から思っていたんです

「モンスターハンターのRPGが遊びたいな」と。

 

そんな夢を叶えてくれたのが

今作のフロンティアゲートなのでした。

 

「フロンティアゲート・ブーストプラス」という

続編も発売されているそうなので

この作品も、絶対に買いたいと思います。

 

今年遊んだゲームの中でも

ベスト10に入るほどの名作RPGなのでした。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうました

 

モンスターハンターの世界でRPGを遊んだら?

それこそが、今急いで370円買う理由です

 

こちらから購入できます