読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

ディアブロ PS版 遊んだ瞬間から 全ての時間を犠牲にして良いと思った

ゲームの話 愛すべきゲーム 心のゲーム 修正版 良く読まれています

ダンジョンを攻略していく たったそれだけなのに 素晴らしすぎる

 

f:id:retogenofu:20170312220633j:plain

[一生ディアブロ 一生ウィザードリィ 一生ももクロ]

[ディアブロ  エレクトロニック・アーツ  プレイステーション]

1998年発売  ジャンル アクションRPG  参考価格1600円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  20時間

このゲームに対する世間の評価  プレイステーション初期の超名作ゲーム

どんな人におすすめ?  全てのアクションRPG好きは遊ぶべき

アーカイブスで配信なし

 

 

ウィザードリィという最高のゲームにはまって

結構な時間が経ちますが

 

未だにウィザードリィを越えるゲームには出会っていません。

 

あの頃の様な

プレイした瞬間から最高に熱い気持ちにさせてくれたのは

ゲーム以外だと、ももクロしかありませんね。

 

ももクロを初めて見たときに

ウィザードリィに初めて触れた時のような

最高に熱い気持ちが甦って来たのを今でも思い出します。

 

そんな

ウィザードリィやももクロに

肩を並べるくらい熱中したゲームが過去にあったんです。

 

 

そんな今回の、遊んだ瞬間から 全ての時間を犠牲にしても良いと思った

ディアブロの感想です。

 

 

 

今でこそ、インターネットショッピングをよく利用しますが。

昔の私は、インターネットショッピングに、物凄く怖いイメージを持っていたんです。

 

「情報が全て抜き取られるのでは…」なんてビビッていたものです。

 

しかし、あまりの便利さに理性は勝てず

結局は、通販のヘビーユーザーになったのでした。

 

そんな、初めてインターネットで購入したゲームが、

今回のディアブロでしたね。

 

 

 

ディアブロとはどんなレトロゲーム?

 

このディアブロですが

1998年にエレクトロニック・アーツから発売された

プレイステーション用のアクションRPG作品でした。

 

この作品は、元々はパソコンゲームでしたが

当時としては高嶺の華でした。

 

そんなゲームが、家庭用ゲーム機である

プレイステーションで遊べるようになった作品でした。

 

ゲームの目的は

 

街の中にある巨大な迷宮を舞台に

恐怖の王「ディアブロ」を倒しに行くのが目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションRPGで

 

似たタイプのゲームで言いますと

「聖剣伝説」や「シャイニングフォース・ネオ」に似たシステムでした。

 

職業が違う三人の主人公から一人を選び

薄気味悪いダンジョンを進んで行く

 

敵を蹴散らしていく

無双系のアクション要素

 

さまざまな財宝や

バリエーション豊富な武器の数々を集めていく

トレジャーハンティング要素

 

こんな二つの奇跡が融合した名作RPGです。

 

 

そんな、ディアブロですが

一風変わったシステムとして

「敵を倒すと二度と復活しない」という特殊なシステムでした。

 

つまり、経験値もお金も有限なんです。

 

敵がアイテムを落とすのですが

倒すと復活しませんので、どんどん枯渇していく訳です。

 

なので、お金の使い方がものすごく大事なゲームでもありました。

 

 

ディアブロの世界では

お金があればなんでもできます。

 

最強装備も購入出来ますし

 

ドーピングアイテムも購入できますし

 

魔法を覚えるのにもお金が必要です

 

ではどうやって

お金不足を解消するのかというと

 

ディアブロでは、世界そのものを

1からやり直す事が出来るんです。

 

イベントもリセット

 

敵キャラクターもリセット

 

自分の強さは引継ぎという、とても面白いシステムでした。

 

しかも、好きなタイミングで引き継げるので

 

ディアブロの初心者でも

キャラクターを繰り返し引き継げば

「エンディングまでたどり着ける」そんな優しいシステムでした。

 

 

エンディングを見たら

難しいモードが解禁されるシステムなので

 

自分の鍛え上げたキャラクターで

さらに凶悪なダンジョンに挑めるのも

ご褒美以外のなにものでもありませんでしたね。

 

最後までダンジョンを潜ったら引継ぎ

 

最後までダンジョンを潜ったら引継ぎ

 

最後までダンジョン潜ったら引継ぎ…こんな繰り返しが

「全ての時間をディアブロに捧げても良い」と思えた理由でしたね。

 

 

基本的なルールはシンプル 

 

イベントの数も物凄く少ない

 

最初から最後までプレイしても、それほど時間はかからない

 

それなのに、何百時間でも遊べるのですから

 

やっぱりディアブロって凄いんだなと思わせてくれる

 

原点にして偉大過ぎる作品でしたね。

 

 

 

ディアブロの感想でもあり レビューでもあり

 

[初心者向けキャラクターが一番弱い]

 

このディアブロというゲームでは

主人公を最初に選んで始まります。

 

パワーとタフネスを武器に、モンスターを叩きのめしていく 

青年ウォーリアー

 

最高のスピード感と弓を装備させたら右に出るものは居ない 

ゲームのヒロイン ローグ

 

最初は貧弱ですが、全ての呪文を唱える事が出来る 

渋いおじさんソーサラー

 

この三人から選びます。

 

 

普通の考えなら

 

戦士は初心者向けのパワーキャラ

 

魔法使いは中級者向けのマジックキャラ

 

シーフは上級者向けのスピードキャラというイメージです。

 

 

しかし、実際の難易度はと言いますと

主人公的な扱いであるウォーリアーこそが、一番難しいんです。

 

動きがとんでもなく遅い

 

ステータスの関係上 魔法がほとんど使えない

 

戦士の売りである強力な装備も、後半まで強いのが出ない…など

 

とにかく、戦士だけが異常に難しいんですよね。

 

私も初めての頃は、戦士でチャレンジして

「こんなのクリア出来ない!!」なんて

 

すぐに諦めてローグでやり直すはめになったのでした。

 

 

ですので

 

初心者向けのスピードキャラ 

なおかつ攻撃力も最高の ローグ

 

中級者向けのマジックタイプ 

中盤からは圧倒的な火力でモンスターを焼き尽くす  

ソーサラー

 

超上級者向けのパワータイプ 

このキャラクターでクリアした瞬間にディアブロマスター

ウォーリアー

 

こんな順番ですので

我こそはアクションRPGの達人と言う人は

 

ウォーリアーで

激ムズの難易度にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

[ブッチャーに出合えなかったのだけが 心残り]

 

このゲームですが、

どんなイベントが起こるのか?が

プレイした瞬間に決定される不思議なシステムでした。

 

「こちらのイベントが起きたら、あちらのイベントは抹消される」

 

「あちらのイベントが起きたら、こちらのイベントが抹消される」

 

こんなシステムでしたので

一回のプレイだけでは、全てのイベントを見る事は出来ませんでした。

 

そんなシステムのおかげで、

ディアブロで最も有名なボス

「ブッチャー」とは出会う事が出来ませんでした。

 

 

ディアブロを語られるときは、必ずブッチャーの話題になります。

 

「ブッチャーのあまりの強さに、そのフロアは無視して進んだよね」とか

 

「弓矢で、本当に倒せるのだろうかと思いながら、20分間戦った」とか

 

全てのプレイヤーの脳に焼き付いています。

 

 

「フレッシュミート(新鮮な肉)」と叫ばれて、執拗に追いかけまわされ

 

2・3発食らっただけで死んでしまう、強力な一撃に怯えて

 

泣きながら、ちまちまと扉の向こうから攻撃しまくっていた

 

トラウマ確定の凶悪なボスこそが、ブッチャー様と言う訳です。

 

そんなブッチャーですが

初めての状態で出会わなければ、インパクトは薄まってしまいます。

 

このゲームのシステムは

何度でも引継ぎすることが出来ましたので

 

物凄くレベルが上がった状態で、ブッチャーに会っても

「なんか変なボスが居たな…」こんな印象になってしまいます。

 

そして、私が初めてプレイした時は

「ヤバい、ブッチャーっていつ出てくるんだろう!!」

と思いながら、ドキドキでプレイして。

 

エンディング画面を見たときに

「あ!ブッチャーのイベント選ばれなかったんだな…」とガックリしましたね。

 

「私も、トラウマ確定の恐怖を味わいたかったな…」こんな寂しさでした。

 

 

その後に、新しいキャラクターを作成して

ブッチャーに会いに行きましたが

 

ビックリする位の強さでしたので

初めてのディアブロ体験で、ブッチャーに出会ったとしたら

「トラウマ確定だったな」と改めて思いましたね。

 

 

 

[お金があれば何でもできる それこそがディアブロというゲームの凄さ]

 

ディアブロを遊んでいてまず驚いたのが

魔法の書が売っているという所でした。

 

今までのRPGならば

レベルを上げて魔法を覚えていくのが一般的でした。

 

ファイナルファンタジー等は

魔法を購入するシステムでしたが。

 

それ以外のゲームではレベルアップで覚えるのが基本です。

 

そこを、大金を出して魔法の書を購入するのですから

それはもうビックリした訳です。

 

しかも、他のアイテムに比べるとかなり高価でして

自分の装備品を売って魔法の書を購入した事もありました。

 

ゲームの序盤は本当に貧乏ですので

魔法を覚えるのも一苦労なのですが。

 

ある程度お金を稼げるようになってくると

好き放題購入出来るようになります。

 

この買い物の幸せこそが

ディアブロの醍醐味だった様な気がします。

 

魔法の書の他にも

ステータスをアップさせるポーションも売っていますので

とにかくお店に通うゲームでした。

 

ダンジョンに潜る

 

レアアイテムをたんまり持って帰る

 

そのレアアイテムを全部売る

 

お店で買い物をする

 

こんな、今までのゲームとは違う感覚もディアブロならではなのでした。

 

 

 

どんなゲームが好きな人にお勧め

 

まず相性抜群なのが

ウィザードリィシリーズで

 

まさに、ディアブロは

「アクション版ウィザードリィ」といっても過言ではありません。

 

次に、無双シリーズでしょうか。

 

敵をバンバン蹴散らして

 

アイテムをザクザク拾っていく

 

そんな爽快感が無双シリーズ好きには

たまらないのではないでしょうかね。

 

 

 

ディアブロのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

プレイステーションという限られた容量の中で

こんなにも夢を見させてくれたのはまさに奇跡でしたね

 

寝ている時もディアブロのことを考えてしまう

そんな中毒性なのでした

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

やっぱりアイテムを集める楽しさでしょうかね

 

何度もボスに挑んではリセットしてアイテムを吟味する

 

そんな100時間でした

 

どんなアイテムが出てくるのか分からない

 

だからこそ一生遊べるのかも知れません

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

おそらくですが

アーカイブスで配信されることは無いと思います

 

だったら今の内に現物を購入しましょう

 

100時間以上遊べることをお約束します

 

 

ディアブロが買えるなら

最悪、データを全て抜かれても目をつむる

 

そんな気分にさせてくれた、超大作RPGでしたね。

 

 

ウィザードリィが好きなら、おそらくディアブロも好き

 

ももクロが好きなら、おそらくディアブロも好き

 

ウィザードリィもディアブロも、どちらも両方好きなら

絶対にももクロにはまるとお約束します。

 

 

一生ディアブロ 

 

一生ウィザードリィ 

 

一生ももクロ

 

そんな、一生遊びつづけるであろう作品をどうぞ

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

全ての時間を捧げても良いと思った 偉大な作品

ディアブロ

 

それこそが、今急いで1600円で買う理由です

 

こちらから購入できます