読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

エグゼドエグゼスの感想 ショットの距離が自由自在…嬉しくない!!

無心で遊べるゲームは良い システムに慣れるまでは中々大変ですが

 

f:id:retogenofu:20170206225612j:plain

[無心になるには、まさに丁度いいゲーム] 

[エグゼドエグゼス  徳間書店  ファミコン]

1985年発売  ジャンル 縦スクロールシューティング  参考価格1200円

 

記事のネタバレ度  普通  

攻略に必要なプレイ時間  30分

このゲームに対する世間の評価  ファミコン初期の名作シューティング

どんな人におすすめのゲーム?  集中したい人におすすめ

バーチャルコンソールで配信あり

 

 

昔プレイした時は評価が低くても

 

今の時代に遊んでみると

「結構好きかも!!」というゲームは数多く存在します。

 

昔プレイした時には気づけなかった、細かなシステムに

今になって納得できるのが最高ですよね。

 

 

そんな今回の、昔の評価は低かったけど、今なら意外と好きかも

エグゼドエグゼスの感想です。

 

 

 

エグゼドエグゼスとはどんなレトロゲーム?

 

このエグゼドエグゼスですが

1985年に徳間書店から発売された

ファミコン用のシューティングゲームでした。

(のちにカプコンレトロゲームコレクション3として、PS、SS、で発売されました)

 

 

この作品は

アーケードゲームからの移植作品で

 

ファミコンで遊べると分かって

涙を流して喜んだプレイヤーも多かったのではないでしょうか。

 

 

ゲームの目的は

全16ステージを戦い抜き

巨大要塞「エグゼドエグゼス」を破壊するのが目的です。

 

ゲームのシステムは、

オーソドックスな縦スクロールシューティングで

ゼビウスの様な画面でしょうかね。

 

基本的な攻撃方法は

 

「ノーマルショット」と

 

敵の弾丸を全て消し去る効果と

敵の攻撃を停止させる機能を持つ

「クラッシュ」という有限のボムを使用しながら

ステージを進んで行くゲームでした。

 

 

シンプルな音楽

 

シンプルな敵キャラクター

 

ゲームのスピードは比較的ゆっくり

 

そんな、プレイしている間は、無心になれるゲームなのでした。

 

 

 

エグゼドエグゼスの感想でもあり レビューでもあり

 

[射程が自由自在という個性的なシステム]

 

このゲームは、シンプルな縦スクロールシューティングです。

 

それならば、他のゲームでも良いのでは?とお思いでしょうが

 

エグゼドエグゼスにしかない、個性的なシステムがあったんですね。

 

 

このゲームの、もっとも特徴的なシステムが

「ショットの射程が、自由自在に変化をする」というシステムでした。

 

本来のシューティングなら

撃った弾というのは、画面の端まで届くものなのですが

 

このゲームでは、途中で力尽きて止まってしまいます。

 

 

シューティングというのは

基本的には、後ろに居た方が安全に出来ています。

 

前から敵が出てくるので

後ろに居た方が、敵との距離を保つことが出来るからです。

 

しかし、このエグゼドエグゼスでは

その安全な攻撃方法を、「最初から禁止している」わけです。

 

何故かって?

 

ある程度の距離が無ければ

ショットが届かないシステムでしたから。

 

 

そのシステムが

分かりやすく表れているのが

 

上に行きながら攻撃すると射程が伸びるという

独特な設定でした。

 

逃げの姿勢で、下を押しながら攻撃すると

射程が短くなる

 

攻めの姿勢で、上を押しながら攻撃すると

射程がぐんぐん伸びる

 

こんなシステムでした。

 

 

つまり、「全ての敵を破壊してやるぜ!!」というプレイヤーには

ショットの射程がとんでもなく伸びるご褒美を。

 

「逃げながら安全に戦おう…」なんて弱気なプレイヤーには

ショットの射程がとんでもなく短くなる罰を与える。

 

そんな斬新なゲームなのでした。

 

 

しかし、敵も大軍で押し寄せてくるので

 

自分の位置をどこに置きながら、ゲームを進めるのか?を考えるのも

最高に楽しかったので

 

結果的には大成功だったのかも知れませんね。

 

 

最初は大嫌いだった個性的なシステムも

 

時間が経つにつれて、重要な意味を含んでいると理解していき

 

最後には好きになってしまう

 

そんな、今の時代にこそ遊んでほしい作品でした。

 

 

 

エグゼドエグゼスのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

シンプルなゲームは無心になれます

 

なにか考え事をする時に遊んでください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

攻めまくる英雄には 最大のご褒美を

 

逃げまくる負け犬には 最大の罰を

 

そんな素晴らしさがありましたね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームのセールスポイントは

 

シンプルなゲーム性の中にある、個性的なシステム

 

ゲームをプレイしているのに眠くなってくる、不思議な癒し

 

ゲームの音楽を聴いているだけで、脳みそが覚醒してしまう中毒性

 

 

ゲームのマイナスポイントは

 

画面のちらつきが、とんでもなく多いので

敵の攻撃が圧倒的に見にくい

 

こんなところでしょうか。

 

 

それでも、最高に楽しいのだから素敵ですよね

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

 

沢山のシューティングを経験してから舞い戻ると

意外と面白いと気づかされる

 

カプコンが開発した名作シューティング

エグゼドエグゼス

 

それこそが、今急いで1200円で買う理由です

 

こちらから購入できます