読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

アントールドレジェンド 最初の10時間は地味 後半は天国の様な楽しさ

寝っ転がって遊べる 超名作ディアブロライクRPG

 

f:id:retogenofu:20170228031611j:plain

[最初の印象は地味なディアブロ  後半の印象は超絶面白いディアブロ]

[アントールドレジェンド  UBIソフト  プレイステーションポータブル]

2006年発売  ジャンル アクションRPG   参考価格560円

 

記事のネタバレ度  ガッツリ高め

攻略に必要なプレイ時間  20時間

このゲームに対する世間の評価  地味なディアブロ

どんな人におすすめ ディアブロを寝っ転がって遊びたい人におすすめ

 

 

メーカーで

ゲームを買う事ってあると思います。

 

最高に好きなゲームなのだから

そのメーカーの他の作品を遊びたくなる。

 

こんな当たり前です。

 

そんな作戦が、大成功した例があったんです。

 

 

そんな今回の 

最初はハズレを掴まされたと思った しかしそれは天国への始まりだった

アントールドレジェンドの6000文字のラブレターです。

 

 

 

アントールドレジェンドとはどんなレトロゲーム?

 

このアントールドレジェンドですが

2006年にUBIソフトから発売された

プレイステーションポータブル専用のアクションRPGでした。

 

少し前に

「ダーククエスト・アライアンス」というゲームについて書きました。

 

そのゲームは

ディアブロという名作RPGを

いい意味でパクっており

 

寝っ転がって遊べるディアブロとして、かなり重宝しました。

 

そんなゲームの虜になった私は考えました。

 

「このメーカーは、他のゲームも出しているんじゃないのか?」と。

 

こんなにも面白い作品を発売しているのだから

過去にも同じような作品を発売しているのかも知れない。

 

そう思った訳です。

 

そこでなにげなく検索してみたんです。

 

するとありました、

明らかにディアブロをオマージュしている作品が。

 

しかも、値段もかなりお手頃ですので

それ程のギャンブルをする必要もありません。

 

更に、プレイステーションポータブルですので

ダーククエストと同じように、寝っ転がって遊べる訳です。

 

「だったら買ってみるか」というのが

今作のアントールドレジェンドを買った理由でした。

 

 

そんなゲームの目的は

 

獣に変身する能力を持つ

「チェンジリング」という種族を操り

 

闇の軍団に立ち向かっていく

 

そんな王道のファンタジーRPGでした。

 

 

最初に職業を決めて

物語を始めるのですが。

 

近距離タイプの戦士が2種類

 

ボウガンを使いこなす遠距離タイプが2種類

 

バランスタイプが1種類

 

こんな、異なる5種類の職業から選んでいくのは

ダーククエストよりも豪華な所でしたね。

(ダーククエストでは3種類のタイプでした。)

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションRPGで

 

自分自身でアクションしながら

敵のモンスターを叩き潰す

 

王道のハック&スラッシュになっていました。

 

今の時代では

「ディアブロライク」といった方が分かりやすいかも知れません。

 

近くの敵には

剣やトマホークで斬りつけて

 

遠くの敵には

ボウガンなどを撃ちつける

 

まさにディアブロになっていました。

 

 

敵を倒すことで、

経験値とアイテムをゲット出来まして。

 

まだ見ぬお宝を求めて、

何時間、何十時間でも遊べるのは流石の凄さでした。

 

 

経験値を集める事で、キャラクターはレベルがアップします。

 

レベルが上がることで

ステータスを上げるポイントと

スキルを覚えるポイントが貰えます。

 

そのポイントを使用しながら

自分だけの最強のキャラクターを作り上げて、

長すぎる物語を遊んでいく。

 

こんな幸せが待っていました。

 

職業が5種類用意されているので、

一度の冒険が終わったとしても

また新たな気持ちで物語を始める事が出来ます。

 

そんな所は、

ディアブロライクの強みでもありましたね。

 

 

ディアブロライクを遊んだ事がない人は

「難しかったらどうしよう…」と思うかも知れません。

 

しかし、この作品では、

そんな、ゲームの初心者でも

最後まで遊べるように救済措置が用意されていました。

 

 

それは、キャラクターの強さを引き継いで

また最初から物語をスタートさせるシステムでした。

 

このアントールドレジェンドでは

敵を倒すと、二度と復活しないシステムです。

 

一見すると、優しそうなシステムなのですが

 

敵が復活しないという事は

経験値もお金もアイテムも、全てが有限という事です。

 

これがゲームの難易度を上げていた訳ですね。

 

ポーションを買いたい、弓矢を買いたい

 

でもお金がない

 

雑魚敵も全て倒してしまった。

 

どうしよう…。

 

こんな時に、

そのキャラクターの状態を引き継ぐことで、

またモンスターがわんさかいる世界に舞い戻ることができる。

 

こんな救済措置だった訳です。

 

ボスは、「お宝をほぼ100%落とす」という

システムでもありましたので、

序盤のボスを倒しながらお金稼ぎをするという方法も出来た訳です。

 

アントールドレジェンドでは

クエストをクリアする事で、経験値が貰えるシステムでもありましたので。

 

諦めなければ、

「絶対にエンディングまでいける」というのは

物凄く優しいポイントだったのではないでしょうか。

 

 

正直言いまして

ゲームの中身で言いますと、まんまディアブロだと思います。

 

しかし、携帯ゲーム機でディアブロは発売されていません。

 

だったら、このアントールドレジェンドを

代わりにプレイすればいいんです。

 

こんなセリフがあります

「初代ディアブロをゲームアーカイブスで配信して欲しい」と。

 

そんな人にこそ

このアントールドレジェンドを遊んでほしいなと思います。

 

何故かって?

 

雰囲気が、まんまディアブロだから。

 

 

 

ここからは、ゲームの感想に続いていきますので

 

このゲームの存在を知って

「新鮮な気持ちで遊びたい!!」と言う人は

閉じてもらっても構いません。

 

その場合は、ゲームを遊んでから

改めて、感想の部分を読んでもらえると幸いです。

 

こちらから購入できます

 

 

 

アントールドレジェンドの感想でもあり レビューでもあり

 

[最初の印象で言うと システム的にかなり辛い]

 

このゲームを買った時は

ほとんど事前情報を入れないで購入しました。

 

新鮮な気持ちで遊びたかったので、

「ディアブロライクRPGだ」というくらいの情報で辞めていました。

 

そして、遊んでみたんです。

 

 

「あれ?」でした。

 

雰囲気はディアブロでした。

 

しかし、カメラアングルが少し見づらく

モンスターを倒すのにもかなり苦労しました。

 

ディアブロが斜め上からの視点ならば

 

アントールドレジェンドは真上からの視点という感じだったでしょうか。

 

このカメラアングルに慣れるまでは

かなり苦労しましたね。

 

そして、最も苦労したのが

弓矢に弾数制限があるところでした。

 

ディアブロでは

弓矢には弾数制限がなく、ほぼ無制限で撃ちまくれました。

(耐久力が設定されていましたが)

 

なので、ガチで殴りあうなんて事はせず

遠くから弓矢を撃ちまくるだけでクリア出来ました。

 

そんなディアブロとは違いまして、

弓矢の矢を、商人から購入しなければならず。

 

この部分でも結構な辛さがあった訳です。

 

 

アントールドレジェンドでは

アイテムに重量制限がありまして、

この矢が、結構な重さでした。

 

アイテムを拾いたいなら、矢の数を少なく

 

ダンジョンの奥深くに潜りたいなら

矢の数を満タンで行く

 

こんな戦略性が必要だった訳ですね。

 

一応の救済ポイントとしましては

ダンジョンと街を瞬時に行き来できまして。

 

アイテムを売ったら、また拾いに行くというのを

簡単に出来ました。

 

なので、

最初は敵を殲滅するのに集中して

 

すべての敵を殲滅したら、

矢が空の状態でお宝を拾いに行く。

 

こんな感じになっていった訳です。

 

 

そして、重量制限もかなりの曲者でして

 

筋力を上げないと、重量制限が上がりませんでした。

 

これの何が辛いって、

ボウガンを使う職業だと、かなり苦労するんです。

 

ボウガンを使用しますので、

なるべく、弓矢の攻撃力が上がる「器用さ」に振りたい訳です。

 

筋力に割り振ることで

ダガーなどの近距離攻撃が上がります。

 

しかし、使うのはボウガンなどの弓矢ですからね

その部分は苦労しました。

 

剣なんて一切使わないのに、

アイテムを沢山拾って帰りたいので、筋力に泣きながら振る

こんな悲しさでした。

 

 

なんて感じで、

面白そうなゲームだとは分かりきっているのに

「ゲームのシステムが辛い」そんな印象でしたね。

 

 

そんなゲームが、

超絶面白くなると

誰が予想できたのでしょうか。

 

 

 

[お金を稼げるようになってからが このゲームの真骨頂]

 

正直言います

ゲームの序盤は物凄くだるいです。

 

短気な人ならば、そのまま積みゲーに加えると思います。

 

「このゲームを遊ぶのなら、本家のディアブロを遊ぼうかな」です。

 

しかし、待ってください。

 

後半になれば、超絶面白いゲームが始まりますので。

 

 

このゲームの

最大のセールスポイントとはどこなのか?

 

それは、自分だけの装備を作り上げる事です。

 

ディアブロやダーククエストでは

落ちている装備をいじるという事は出来ませんでした。

 

モンスターが落としたレアアイテム

そのレアアイテムにプラスされている、魅力的なスキルの数々。

 

「もしかしたら、この装備は全世界で1本しかないのでは?」

 

そんなドキドキを味わう作品です。

 

数十種類というスキルが

1つの装備に自分好みに付加される。

 

こんな奇跡を体験するために

何時間、何十時間、何百時間とダンジョンに潜る訳です。

 

そんなシステムも勿論最高だと思います。

 

しかし、自分自身の手で

その奇跡を起こしたいと思う人も多いのではないでしょうか。

 

 

そんな最高のシステムが

このアントールドレジェンドには搭載されていました。

 

装備にはスロットという穴が開いています。

 

最初は思っていました

「あんまり意味ないよね?」と。

 

筋力をプラス1したり、

体力吸収のスキルを付加させることができるのですが

それ程使いませんでした。

 

だって直ぐに強い装備が拾えますから。

 

強化するよりも

強い装備を拾った方が効率的

 

こんな悲しさだった訳です。

 

 

そんな展開が10時間ほど経った後に

有る事に気づきます。

 

「あれ?スロットが沢山空いているレアな装備売ってない?」と。

 

このゲームでは

レアな装備を拾うのは大変です。

 

レアですから。

 

 

そんなレアアイテムが

普通に街に売っています。

 

街には商品が2人いまして

その2人の商人からレアアイテムを集めた方が

何倍も楽でした。

 

しかし、常にお金がカツカツで進んで行くゲームでもありましたので、

買いたくても買えないという状況が続いていました。

 

いましたが、ゲームの後半になりますと

効率的にお金を稼ぐ方法が見つかってきます。

 

アイテムのドロップ率を上げたり

 

敵を倒すことで、沢山のお金を落とさせるスキルを覚えたり

 

今まで以上に、お金がザクザク貯まります。

 

そうなって来るとどうなるのか?

 

好き放題にアイテムを買いまくれるんです。

 

今まで高くて買えなかった

スロットが沢山空いているレアな装備を

 

好き勝手に買いまくれる

 

「これが幸せって奴か…」です。

 

 

商人のラインナップは

場所を移動する事でリセットされます。

 

そのリセットを繰り返して

レアアイテムをガンガン買いまくる。

 

レアアイテムになりますと

装備のスロットが4個とか空いていますので、

好き勝手にスキルを付加できる様になります。

 

攻撃する度に、

とんでもないスピードで体力が回復したり

 

基本ダメージが40で、追加ダメージが40の

イカレタ武器が完成したり

 

着た瞬間に、

筋力が7レベル分アップしたり

 

自分自身で、

好きな装備をカスタマイズできる。

 

そんな夢のような世界が広がっていました。

 

 

そんな中でも、最もお勧めするカスタマイズが

「精神力吸収」のスキルでした。

 

このゲームでは、

必殺技の消費量がとんでもないです。

 

3回も使用すると、直ぐにガス欠になります。

 

その分、威力も強力でして

普通は1発の矢を発射するのに、

5発まとめて発射するスキルがあったりします。

 

ボスなんて、数発食らわすだけで瞬殺できます。

 

そんな必殺技を、

「ガンガン使いまくりたい」と思いたくなる訳ですね。

 

その夢をかなえてくれるのが

精神力吸収のスキルでした。

 

5発撃ちこみます

 

全弾命中したとします

 

精神力のゲージがみるみる回復します

 

使用した、半分くらいの精神力が戻っていました。

 

 

この快感はとんでもなかったですね。

 

今までは、

時間の経過で回復するか、ポーションを使用して

精神力を回復させていたのに。

 

その武器を作り上げた瞬間に、

「敵を撃ちまくっていれば、勝手に回復して行く」という

何とも素晴らしい世界が広がっていました。

 

 

ただ、難点もありまして

 

スロットが4つ空いている武器を探すのが大変

 

精神力吸収を付加する宝石が低確率でしか売ってない

 

こんな大変さがありました。

 

30分粘って宝石1個しか出なかった時は

さっさと次のクエストをクリアして、レベルアップさせちゃいましたね。

(自分のレベルで商品のランクが上がる?だったので)

 

その分、

その武器を作った時の感動は素晴らしく

 

その武器よりも、明らかに強い武器が発売されているのに

いつまでも使い続けていましたね。

 

 

ゲームの箱にはこう書いてあります

「究極の一振りを作ろう」と。

 

今までのディアブロライクならば

拾って最強装備を揃えるのが当たり前でした。

 

というか、それが楽しいから

最強のゲームだった訳です。

 

自分しか見たことがない装備が

この世に存在するからこそ、貴重な時間を湯水のごとく注げた訳です。

 

そんなシステムにプラスして

装備のカスタマイズも楽しむことができる。

 

もう「楽しい」の一言しかありませんでしたね。

 

 

ただ、そんな時間が来るのが、

「ゲームの後半」というのも

このゲームが輝けなかった理由なのかもしれません。

 

しかし、そこからの時間は

睡眠時間を削ってでも遊びたい時間ですので。

 

是非ともこの機会に遊んでほしいなと思います。

 

 

 

アントールドレジェンドのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

最初は地味です

 

最初は辛いです

 

最初はハズレを掴まされたと思います

 

ただ、後半は天国です。

 

「まだエンディングいらない!!」です。

 

そんなゲームを今すぐ遊んでください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

ストーリーは物凄くシンプルですので

 

ストーリーを楽しむよりも

冒険を楽しんでください

 

敵を叩き潰して

 

最強の装備を作り上げる

 

それだけで満点ですよね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが、めちゃくちゃ安いです。

 

ディアブロライクRPGというのは

結構お高めな印象があったのですが。

 

このゲームは数百円で買えます。

 

なので、お試しで購入してみて下さい。

 

きっと、最高のゲームに出会えたと

感動してもらえると思います。

 

10時間プレイした後に。

 

 

私はダーククエスト・アライアンスを購入して

このアントールドレジェンドを購入しました。

 

ですので、システム面に慣れるのには苦労しました。

 

しかし、このアントールドレジェンドを先にプレイすることで

システム面に苦労しないような気もします。

 

おそらくですが、

ダーククエスト・アライアンスが

優しいシステム過ぎたんです。

 

初代のディアブロに比べれば

天国の様なシステムですので、

 

その部分も含めて、

このアントールドレジェンドを先に遊ぶことをお勧めしますね。

 

 

PSPを持っているのに、このゲームを遊んでいない?

 

だったら今すぐ遊ぶしか無いよね

 

最高のゲームなのだから

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

PSPで遊べる 最高に面白いディアブロライクRPG

それこそが、今急いで560円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます