読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

マクロスアルティメットフロンティア  マクロスからの援護射撃が ゲームのバランスをぶっ壊す?

前作よりも大幅に遊びやすくなって帰って来た

 

[どんな敵でも一瞬で消し炭にする  マクロスの援護射撃が熱すぎる]

[マクロスアルティメットフロンティア 

バンダイナムコ プレイステーションポータブル]

2009年発売  ジャンル アクションシューティング  参考価格400円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  10時間

このゲームに対する世間の評価  簡単なマクロスゲームは癒しです

どんな人におすすめ  マクロスを知らなくても 充分にお勧めできます

 

 

少し前に、

マクロストライアングルフロンティアというゲームの事を書きました。

 

その少し前に、

マクロスエースフロンティアというゲームの事を書きました。

 

そして今回、

マクロスアルティメットフロンティアの事を書きます。

 

 

しかし、ここでちょっとしたミスをしてしまいました。

 

マクロスエースフロンティアは

PSPのマクロスシリーズの1です。

 

マクロストライアングルフロンティアは

そのシリーズの3です。

 

そして、今回のマクロスアルティメットフロンティアは、

そのシリーズの2です。

 

 

ヤバい、書く順番を間違った…。

 

 

そんな今回の 遡って遊んでも楽しい そんな名作シリーズをどうぞ

マクロスアルティメットフロンティアへの6700文字のラブレターです。

 

 

 

マクロスアルティメットフロンティアとはどんなレトロゲーム?

 

このマクロスアルティメットフロンティアですが、

2009年にバンダイナムコから発売された、

プレイステーションポータブル専用のアクションシューティングでした。

 

発売元はバンダイナムコなのですが、

開発元はアートディンクでして。

 

「バトルロボット魂」などの

流れをくんでいるシリーズでしたね。

 

大人気アニメ

「マクロスシリーズ」のゲーム化作品で。

 

他の作品に、

ゲストとして登場することが多かったマクロスが。

 

主役として、思う存分楽しめる

そんな、作品になっていまして。

 

沢山のマクロス好きを虜にした作品でした。

 

 

前作のマクロスエースフロンティアは

2008年の発売ですので、

それほど大きな進化をして帰って来た訳ではないので。

 

前作のパワーアップバージョンとして

楽しむ作品だったのかもしれません。

 

 

そんなゲームの目的は

 

名もなき新米パイロットとなりまして。

 

相棒の新米パイロットと一緒に

マクロスのエピソードを濃厚に体験していく。

 

そんなシンプルな目的でした。

 

 

前作では、

 

超時空要塞マクロス

 

マクロスプラス

 

マクロス7

 

マクロスフロンティア

 

こんな、4種類のマクロスの世界を、

時間の流れなんて無視して、濃厚に楽しんで行く作品だったのですが。

 

今作は、

「マクロスゼロ」と「マクロス7の新エピソード」を加えまして。

 

より沢山の物語を体験できる様になっていました。

 

 

最初は新米パイロットだった主人公が、

相棒と一緒に大活躍していく事で。

 

高性能なバルキリーをどんどん支給されていく。

 

こんな流れが最高に熱く。

 

必死にミッションをクリアして行くのでした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションシューティングで。

 

ガンダムゲームの基本的なシステムと

ほぼ同じでしたね。

 

近くの敵には

ガンポッドと呼ばれるマシンガンを。

 

遠くの敵には

マクロスお馴染の高性能ミサイルを。

 

ゲージが貯まったら、超必殺技を食らわす。

 

そんなシンプルな作品になっていました。

 

 

今までのマクロスゲームでは、

戦闘機に乗っている様な、リアルな操作方法が当たり前でしたが。

 

そんな操作方法を、ガラリと変化させまして、

遊びやすいアクションシューティングへと進化させていましたね。

 

 

このゲームの特徴で言いますと

機体を改造してパワーアップさせることができるシステムでしょうか。

 

ミッションをクリアすることで、

「チューンポイント」と呼ばれるポイントを貰えまして。

 

このポイントを使用して、

自分だけのバルキリーに改造して行きます。

 

「ライフが少なくて、直ぐ死んでしまう」ならば、

ライフを3倍にアップさせれば良いですし。

 

「ガンポッドの威力が弱いんですけど」ならば、

攻撃力と連射速度を上げて、無理やり最強装備にすれば良いですし。

 

「攻撃が避けられないんですけど」ならば、

スピードを上げまくって、光の速さで移動すれば良いです。

 

こんなかんじで、

クリア出来ないミッションがあるのならば、

バルキリーを改造しまくってゴリ押しすれば良い。

 

こんな優しさ溢れる作品になっていました。

 

 

ガチの難易度を体験したいならば、

改造をそこそこに楽しむ。

 

無双状態で進みたいのならば、

最初のステージで延々とレベル上げをする。

 

こんな棲み分けが出来るのも、

このシリーズの醍醐味ですよね。

 

 

主人公やヒロインにもパラメーター用意されていまして。

 

自分の戦い方によって、

パイロットのステータスが変化していくなど。

 

やりこみの要素も充実していました。

 

格闘の数値が17なのに、

射撃の数値は99なんて感じで。

 

まんべんなく伸ばしていくのか

 

その数値だけに特化して伸ばしていくのか

 

そんな楽しみも用意されていました。

 

 

ゲームの流れとしましては

 

遊びたいマクロスの時代を選ぶ

 

その作品のエピソードを進める

 

ミッションをクリアすると、

ポイントが貰える

 

そのポイントを使用して、

バルキリーを鍛え上げていく

 

ステージがクリア出来ないのならば、

過去のミッションに行ってレベル上げをする

 

その繰り返しで、

マクロスのエピソードをラストまで体験していく

 

そしてアニメを見たくなる…。

 

ここまでが一連の流れになっていました。

 

 

自分自身が、マクロスの世界に挑んで行く。

 

この熱さは、前作同様たまりませんでしたね。

 

 

ステージをクリアすることで、

新しいバルキリーや敵側の機体も支給されまして。

 

どんどんステージをクリアしたくなる仕掛けになっていました。

 

1ステージ3分ほどで終りまして。

 

ついつい止め時を失ってしまいます。

 

「あと3ステージクリアしたら終ろう」と思っているのに。

 

そのタイミングで新しい機体が登場して、

その機体のレベルを猛烈に上げたくなってしまう。

 

こんな繰り返しが、

「気づいたらPSPの充電が切れる寸前」という所まで遊んでしまう理由でしたね。

 

 

マクロスを知っていれば最高に楽しめます。

 

しかし、マクロスを知らなくても最高に楽しめます。

 

何故ならば、アクションゲームとして楽しいからです。

 

難しいゲームが多いマクロスの中で、

努力すれば簡単にクリアできる。

 

そして、遊んでいる爽快感は

どんなアクションゲームにも負けない。

 

 

やっぱりマクロスって素敵

 

そんな体験をこの機会にどうぞ。

 

 

ここからは、ゲームの感想に続いていきますので

 

このゲームの存在を知って

「新鮮な気持ちで遊びたい!!」と言う人は

閉じてもらっても構いません。

 

その場合は、ゲームを遊んでから

改めて、感想の部分を読んでもらえると幸いです。

 

こちらから購入できます

 

 

 

マクロスアルティメットフロンティアの感想でもあり レビューでもあり

 

[鍛え上げた愛機が 違う世界では使えない そんな当たり前…が進化して帰って来た]

 

このゲームですが、最高に楽しいです。

 

弱かったバルキリーを、

ポイントを貯めまくって、最強のバルキリーに鍛える。

 

こんな幸せでした。

 

この部分は前作でも完璧で、

このシステムこそが、このゲームを遊ぶ理由だと思います。

 

 

前作では本編を進めることなく、

延々とレベル上げを楽しんでいました。

 

しかし、ここに罠が仕掛けられていました。

 

無事に「愛おぼえていますか」のラスボス

「ボドルザー」を倒しまして、

「超時空要塞マクロス」の世界をクリアしました。

 

「一条輝」の愛機をカンストまで鍛え上げていましたので、

かなり楽勝でした。

 

 

そして、次の世界を選びます。

 

私はマクロス7を選びましたが、

どの世界を選んでも大丈夫です。

 

そんな時に悲劇が起こったんですね。

 

「私のバルキリーが無い!!」です。

 

あんなにも、

丹精込めて育て上げたバルキリーがありません。

 

ここで分かったんです。

 

年代が変われば、

「バルキリーが居なくなる」という事を。

 

超時空要塞マクロスの世界に戻れば、

ちゃんと残っています。

 

しかし、マクロス7の世界には、

一切存在しない。

 

こんなリアルなゲームになっていました……。

 

と言うのが、

前作を遊んでいて衝撃を受けた部分でした。

 

せっかく育てたのに、

年代が違えば愛機は無くなってしまう。

 

だからこそ、難易度の崩壊にはつながらない。

 

こんなバランス調整だったのかもしれません。

 

 

しかし、今回は

少しだけ事情が変わっていました。

 

今作でも、延々とレベル上げをしながら思いますよね。

 

「どうせ、この時代をクリアしたら意味なくなるんだろな」と。

 

たしかに、そうです。

 

ゲームをクリアした後の、

エクストラモードでは、全ての機体を使用出来ますので。

まるっきり意味がない訳ではないのですが。

 

基本的には、その時代でお役御免です。

 

 

しかし、経験値以外の

追加で貰えるものを用意することで、

このレベル上げの時間が無意味にならなくなるんです。

 

そして、そのシステムこそが、

このゲームの面白さを爆発させた理由でした。

 

 

 

[娘々ポイントを集めて  いきなり最強状態で始めよう]

 

このゲームで新たに搭載されたシステム、

それこそが「娘々ショップ」というお店のシステムでした。

 

前作では、

ミッションをクリアすることで、

機体を改造するチューンポイントを貰えました。

 

今作では、

ミッションをクリアすることで、

チューンポイントと「娘々ポイント」を貰うことができます。

 

この娘々ポイントですが、

簡単に言えばお金です。

 

つまりお給料を貰えるという事です。

 

必死に戦って、お給料を貰う。

 

まさにリアルなゲームです。

 

そのお金を使用して、

娘々ショップでお買い物をします。

 

キャラクターの解禁

 

BGMの解禁

 

モードの解禁などなど

 

お給料でおまけ要素を集めましょう。

 

そんなキャラクターゲーム王道の流れでした…。

 

 

なんて終わらないのが、

このゲームの凄さです。

 

娘々ショップには、

色々な機体が並んでいます。

 

VF1D 1500ポイント

VF1A 7000ポイント

モンスター(カムジン搭乗) 12000ポイント

 

なんて感じで、

格安のバルキリーから、

キャラクターが使用している、エース級まで。

 

お給料を使うことで、

無理やりゲットできるシステムになっていました。

 

ミッションをクリアしていれば、

いつかは支給されます。

 

しかし、支給されるのが後半だと、

「今からこの機体を鍛えてもね…」となりがちです。

 

エース級の機体よりも、

一緒に戦ってきた初期型の機体。

 

こんな展開になります。

 

そんな展開を、

お金の力で解決しましょう。

 

こんな豪快なシステムになっていました。

 

いきなり全ての機体を買えるわけでは無く、

ある程度、ミッションを進めなければいけないのですが。

 

それでも、だいぶ後に支給される機体を、

いきなり使用できる様になるのは魅力的でしたね。

 

こんなシステムが、

このゲームの面白さを何倍にも増幅していたのでした…。

 

 

で終わらないんですね。

 

ここで疑問に思います。

 

持っている機体を、

もう一回買ったらどうなるのだろう?と。

 

このゲームでは、

同じ機体をヒロインも乗ることができますので。

 

同じ機体を持つ必要性がありません。

 

それなのに、何度でも購入することができる。

 

 

どうして?

 

 

それにはちゃんとした理由があります。

 

 

このゲームでは、

経験値をお金で買える、まさかのシステムだったんですね。

 

ミッションをクリアします

 

経験値が300

お金が600貰えるとします。

 

その経験値300で、

好きな様に機体を改造してください。

 

最初は弱かったのに、

経験値を貯める事で、エースにも負けないようになる。

 

こんなコツコツ感が最高でした。

 

 

しかし、この繰り返しが面倒になって来るときがあります。

 

それこそが、新時代に移行した時です。

 

今までは強力だったのに、

レベルが1に戻されて、またレベル上げをしなければならない。

 

この地道さが、

楽しくもあり、辛くもありました。

 

だったら、そんな苦痛をお金で解決しましょうよ。

 

そんなリアルがありました。

 

 

機体を買います。

 

その機体が手に入ります。

 

次に、もう一度同じ機体を買います。

 

すると、何故か経験値であるチューンポイントを貰えます。

 

値段によって貰えるポイントが変わりますが、

結構な量を貰うことができます。

 

これこそが、経験値をお金で買える

楽しすぎるシステムの誕生でした。

 

 

このシステムの何が凄いのか?

 

時代を超える事ができます。

 

マクロスの世界で、必死にお金を貯めます。

 

そのお金を使用して、

マクロスフロンティアンの世界で、豪遊する。

 

こんな事が可能になっていました。

 

マクロスフロンティアの世界でレベルを上げるよりも。

 

マクロスの世界でお金を貯めた方が、

レベルの上がるスピードは速い。

 

こんなシステムになっていた訳です。

 

 

このシステムのお蔭で、

レベル上げが全然苦痛になりませんでしたね。

 

だって、新たな世界のレベル上げを

同時にしているのと変わりませんからね。

 

その世界のレベル上げをしつつ、

次の世界の準備も同時進行で進められる。

 

このシステムこそが、

このゲーム最大のセールスポイントなのでした。

 

 

 

[マクロスの援護射撃が異様に強すぎる]

 

マクロスを知らない人にとっては、

全ての機体がマクロスだと思います。

 

親が、全てのゲーム機を

ファミコンと言っていたように。

 

どんな機体でも、それはマクロスです。

 

しかし、マクロスと言うのは、

戦艦です。

 

戦艦どころか、スーパーロボットです。

 

戦艦からスーパーロボットに変形する。

 

そして、その衝撃で

マクロスの中に住んでいる住居が破壊される。

 

こんな巨大な存在でした。

 

 

ですので、基本的にはマクロスは戦いません。

 

バルキリーと呼ばれる、

戦闘機に乗って敵と戦っていきます。

 

 

そんなマクロスですが、

今作では援護射撃をしてくれます。

 

戦っているとゲージが貯まって行きます。

 

そのゲージを使用して、

その機体特有の超必殺を出しても構いませんし。

 

サポートメンバーにお願いして、

特殊なコマンドを使用しても構いません。

 

ライフを回復させたり

 

歌を歌って周りの敵にダメージを与えたり

 

そのサポートメンバーによって、

特殊なコマンドは変わってきますので、

それを見たくて、色々なキャラクターをメンバーにしていきます。

 

そんな特殊コマンドの中に、

マクロスからの援護射撃というものがありました。

 

自分の好きなタイミングで、

マクロスからとんでもない大きさの主砲を撃ってもらえる。

 

こんな必殺技でした。

 

 

この必殺技のなにが凄いのか?

 

射程が無限です。

 

例えば、遠くのほうに敵が見えているとします。

 

距離で言いますと5000です。

 

5000の距離ですので、

ミサイルなんて届く訳がありません。

 

ですので、近づいていくしかないのですが。

 

そんなのを無視して、

マクロスに主砲を撃ってもらいます。

 

するとどうでしょうか、

一瞬で消し炭になります。

 

どんなに離れていようが、関係ありません。

 

だってマクロスだから。

 

 

6体ぐらいまとめて敵が固まっているとします。

 

マクロスを呼びます。

 

一瞬で終ります。

 

だって主砲の有効範囲が異常だから。

 

 

こちらのミサイルを

ガンガン避けまくる、物凄く強いボスが出てきたとします。

 

マクロスを呼びます。

 

敵はその主砲から逃れるために、

必死に避けます。

 

そこを延々と撃ちまくってください。

 

簡単にミサイルが当たります。

 

だって二つの攻撃方法からは逃れられないのですから。

 

 

この、マクロスの援護射撃を覚えた瞬間に、

今までの難易度が10分の1くらいになりましたね。

 

 

子供の喧嘩に、親が出てくる

 

それ程の強力さが、マクロスという唯一無二の存在なのでした。

 

 

 

マクロスエースフロンティアのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

マクロスのゲームでありながら、

難易度は簡単。

 

マクロスのゲームでありながら、

格安で購入出来る。

 

それなのに、ちゃんとマクロスしている。

 

というか、

マクロスが異常に強すぎる。

 

ヤバいね。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

レベル上げが楽しいゲームに

お金の要素をプラスする。

 

今まで以上に楽しくなる。

 

このシステムを考えた人は天才です。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

遊ぶ順番としまして、

前作のマクロスエースフロンティアから遊ぶのが正解なのでしょうが。

 

今作から遊んでも問題は無いでしょうね。

 

基本はパワーアップバージョンですので。

 

今作を遊んで、

マクロストライアングルフロンティアに移行してみてはいかがでしょうか。

 

きっとマクロスを好きになると思います。

 

 

マクロスシリーズを好きになるのではなく

 

戦艦のマクロスを好きになる

 

そんなマクロスゲーをお楽しみください。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

マクロスを呼べば 全ての問題が解決? 

それこそが、今急いで400円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます