レトロゲームとマンガとももクロと

レトロゲームとマンガとももクロと

女神転生外伝・ラストバイブル GB版 当たり前の様に面白いRPG

ゲームボーイという世界で ちゃんとメガテンしています

 

[ゲームボーイで遊べる シンプルな女神転生 それだけで大満足です]

[女神転生外伝・ラストバイブル  アトラス  ゲームボーイ]

1992年発売  ジャンル RPG  参考価格220円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  10時間

このゲームに対する世間の評価  シンプルながらも ストーリーは最高

どんな人におすすめ  ゲームボーイを持っているのならば 絶対に遊ぶべき

バーチャルコンソールで配信あり

 

 

ペルソナって本当に凄いですよね

 

あんなにもハードルが高かった

「女神転生」を、

ポップなRPGとして広めて行きましたからね。

 

とてつもない作品だったと思います。

 

しかし、そんなチャレンジが、

過去にも行われていたんです。

 

ディープな女神転生を、

子供たちにも遊べるように、お気楽に遊べるようにした作品が。

 

 

そんな今回の ペルソナシリーズのきっかけになったかも知れない

女神転生外伝・ラストバイブルの感想です。

 

 

 

女神転生外伝・ラストバイブルとはどんなレトロゲーム?

 

この女神転生外伝・ラストバイブルですが、

1992年にアトラスから発売された、

ゲームボーイ用のRPGでした。

 

人間と悪魔と神、

こんな濃厚過ぎる世界が魅力の女神転生が。

 

まさかのゲームボーイで楽しめる。

 

そんな衝撃で発売されたのが、

今作の女神転生外伝・ラストバイブルでした。

 

 

そんなゲームの目的は

 

主人公となりまして

 

人間と悪魔と神が共存する世界で、

大冒険していく。

 

シンプルな目的になっていました。

 

新しい街に行くと、事件が起こって

 

その事件を解決すると、次の街へのルートが解禁されて

 

次の街へ行くと、また新たな事件が巻き起こって…。

 

こんな繰り返しで、ラストバイブルの世界を大冒険していく。

 

王道の物語になっていました

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなRPGで。

 

まんま女神転生だと思っていただければ分かりやすいです。

 

レベルアップをしたら、

ステータスのポイントを貰えて、自分好みのキャラクターを作れるとか。

 

お金と経験値の存在でしかなかった敵が、

会話によって仲間になってくれるとか。

 

女神転生の面白さを、

思う存分楽しむことができました。

 

ラストバイブルならではの特徴としましては、

3Dダンジョンが、2Dダンジョンになったところでしょうか。

 

今までの女神転生は

ウィザードリィの様に、リアルな3Dダンジョンで表現されていましたが。

 

今作のラストバイブルでは、

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーの様に、

2Dの分かりやすいダンジョンになっていました。

 

女神転生が敬遠される理由としましては、

「3Dダンジョンになじめない」という意見が多かったのですが。

 

そんな部分を、

思い切って変えてくれたのはよかったのではないでしょうか。

 

硬派なゲーマーには、

オリジナルの女神転生を。

 

物語を楽しみたい初心者には、

外伝のラストバイブルを。

 

こんな棲み分けがも面白かったです。

 

 

もう一つの違いとしましては、

「仲間も会話に参加してくれる」という事でしょうか。

 

今までは

主人公が会話を担当していましたが。

 

今作では仲間も会話をすることができまして。

 

主人公ならば、

「沢山の会話をしながら、交渉していく」のに対して。

 

仲間に任せると、

「仲間になるか、仲間にならないか」を、

一発勝負でやってくれるというのは面白かったですね。

 

ガチでほしい悪魔には、

主人公が交渉して

 

合体用など、数が必要な時は、

仲間にどんどん交渉させる。

 

こんな事を出来るのは、

ラストバイブルシリーズの強みだったのかもしれません。

 

 

色々な街を冒険し

 

2人の仲間を探し出し

 

この世界の謎を解いていく

 

RPGの楽しさをギュッと濃縮した

ラストバイブルという偉大な作品をお楽しみください。

 

 

ここからは、ゲームの感想に続いていきますので

 

このゲームの存在を知って

「新鮮な気持ちで遊びたい!!」と言う人は

閉じてもらっても構いません。

 

その場合は、ゲームを遊んでから

改めて、感想の部分を読んでもらえると幸いです。

 

こちらから購入できます

 

 

 

女神転生外伝・ラストバイブルの感想でもあり レビューでもあり

 

[RPGってやっぱりいいよね そんな作品]

 

この作品ですが、

めちゃくちゃシンプルです。

 

街から街への距離も、それほど遠くは有りませんし。

 

ダンジョンの広さも、それほどではありません。

 

そして、どこでもセーブが出来ますので、

死に対する恐怖感もほぼありません。

 

と言いますか、

死んでも街に戻されるだけなので、

即タイトル画面という、メガテンの恐怖が和らいでいました。

 

 

そんなゲームでしたので、

まあサクサク進みます。

 

基本的な流れとしましては

 

街で事件が起こっている

 

ダンジョンにボスが待っている

 

ボスを倒して、解決

 

次の街に行けるようになる

 

また、新たな厄介事が巻き起こっている…。

 

こんな流れです。

 

 

そして、この流れが最高なんですね。

 

水が必要だから、オアシスで取ってきてとか

 

魔獣にやられたから、薬を取ってきてとか

 

娘が連れ去られたから、助けてきてとか

 

もう王道のクエストでした。

 

女神転生の

「ディープな世界感」を体験したかった人には、

少し物足りなかったかもしれませんが。

 

それでも、二転三転するストーリーが健在ですので。

 

シンプルなゲームながらも、

満足度としては最高だったのではないでしょうか。

 

 

スタイリッシュな女神転生

 

王道のラストバイブル

 

こんなアトラスの凄さをお楽しみください。

 

 

 

[やたら強いボスだな…と思ったら?]

 

このゲームは物凄くシンプルです。

 

なので、基本的には

レベル上げに時間を費やします。

 

そんなゲームなのですが、

経験値とお金を、多めに貰えますので、

ストレスを感じることなく、

戦闘をすることができました。

 

レトロゲームお馴染の、

「いや明らかに少なすぎでしょ!!」なんて事は無く。

 

太っ腹な数値設定になっていましたね。

 

 

新しい街には、

今の所持金では買えない、

「魅力的な装備」が山の様に売られていまして。

 

自然とレベル上げをさせてくれるようになっていました。

 

「あの鎧が欲しいな…お金を稼ごう!!」

 

「あの剣が欲しいな…お金を稼ごう!!」

 

こんな繰り返しで、

レベルも同時に上がって行く。

 

この流れは上手いなと思いましたね。

 

敵が5体同時に出てくることもありまして、

とんでもない量の経験値やお金が貰える時もありますので。

 

それを楽しみにしながら、

レベル上げをすることが出来たのは良かったです。

 

メタルスライムを待ち望むかのように、

沢山の敵が出てくるのを望む、そんな楽しみでした。

 

 

なので、ボスが強ければ

 

装備を強化する

 

仲間を増やす

 

レベルをとにかく上げる

 

こんな方法で乗り切って行きます。

 

 

そんなこんなで進んで行きまして、

やたら強いボスが登場しました。

 

もう他のボスとは比べ物にならないボスで、

挑んでは瞬殺、挑んでは瞬殺…。

 

こんな繰り返しでしたね。

 

そうなってくると、

やることは一つです。

 

買える限りの装備を買い

 

必死にレベルを上げまくり

 

悪魔を仲間にしまくる

 

今まで通りの、戦略です。

 

そして、いざ決戦です。

 

 

全く勝てませんでしたね。

 

このボスですが、

異常な攻撃力になっていまして、

へたしたら1発で死にます。

 

装備を完璧にして、HPも400を超えて、

それでも、一撃で死ぬ可能性がある。

 

まあ凄かったです。

 

このボスに出会ったのが、

43レベルほどだったのですが。

 

倒した時のレベルが57ですからね。

 

いかにこのボスで苦戦したのかが分かります。

 

 

そんなボスを倒しまして、

「いよいよ最終決戦か!!」なんて思っていたら。

 

 

まさかのラスボスだった。

 

 

そんな結末も凄かったですね。

 

普通ならば、

盛り上げて! 盛り上げて!! 盛り上げまくって!!!

 

満を持して、ラスボスが登場するのが当たり前なのに。

 

普通にダンジョンの頂上にいて。

 

これといった演出もなく、

ただ淡々とバトルに発展して。

 

倒してみたら、まさかのラスボスだった。

 

そんな地味さでした…。

 

 

少し前に、「サガ2」を遊んでいましたので、

「異常に強すぎるボス」というのに慣れてしまっていたのでしょうね。

 

「もっとヤバい奴がラスボスなんだろうな」なんて勝手に思ってしまいます。

 

ただ、これがメガテンなのかもしれません。

 

飾らない硬派なゲーム、

そんな意味では、この演出も意図的だったのかもしれません。

 

 

2時間くらい延々とレベル上げをする

 

だってラスボスだったから

 

そんな渋さをどうぞ。

 

 

 

女神転生外伝ラストバイブルのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

RPG本来の楽しさがあります

 

さっきまでは強敵

 

装備を完璧にしたらザコ

 

だから、レベル上げも苦にならない

 

そんな楽しさがありましたね。

 

昔懐かしいRPG

 

それだけで大満足です。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

気楽な気分で遊べるのは良かったです。

 

いつでもセーブ出来ますからね

 

戦闘をしていても、

ストレスを感じにくかったのは最大のセールスポイントでした。

 

女神転生というのは、

1発死が本当に怖いゲームです。

 

30分の探索を、

一度のアンラッキーで、全て失ってしまう。

 

こんな怖さがありました。

 

そんな要素が無くなりましたので、

物凄く楽でしたね。

 

プレイ時間も、

10時間程度と短めに設定されていますので、

サクッと遊んで、サクッと終われます。

 

女神転生なのに、お気楽に遊べる。

 

こんな相反する素晴らしさが、

ラストバイブルが長く続いた理由だったのかもしれません。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが、

けっこうなヒットだったそうで、

今でも格安で購入することができます。

 

そして、バーチャルコンソールでも配信されていますので、

3DSをお持ちならば、今からでも遊ぶことができます。

 

お気軽に遊べる女神転生

 

こんな言葉の意味を、体験してください。

 

 

今日も

レトロゲームとマンガとももクロと

をお読みくださりありがとうございました

 

ペルソナシリーズ  そのきっかけだったのかもしれない

それこそが、今急いで220円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます